鉄鋼・工作機械・建設設備工事の釜屋株式会社

釜屋株式会社  
 サイトマップ 採用情報 お問い合せ



  •  失敗しない工場建設
        5つのポイント
     工作機械の直近展示会情報
     リンク集

    建設・設備工事事業

    失敗しない工場建設5つのポイント

    (1)中柱を排除した広い空間

    工場建設にとって最も大切なことは、「いかに生産効率を上げるか」と言うことです。
    生産効率の高い、機械や作業員のレイアウトを最優先して、広さや形を決めていかなければ
    なりません。そして現在必要とされる機械だけではなく、将来のレイアウト変更や機械の増設の可能性も視野に入れておくことが必要です。しかし、むやみに大きくすることは、建設費の増加に繋がり、事業計画が狂ってしまいます。現在必要とする広さの範囲で、将来できるだけ自由にレイアウトできるように、中柱を排除した広い空間を作っておくことが良いでしょう。
    また、万一の増築する際、増築し易い建築工法を選択しておくこともポイントです。

    (2)土間の仕様が及ぼす意外な影響

    空間が広いだけでは自由なレイアウトはできません。特に土間の厚さやコンクリートの中に
    埋め込む鉄筋の量などによっては、設置する機械の重量によって、そのまま設置できない場合が
    あります。最初から土間厚を厚くしておくか、移動の都度、機械に合わせた独立基礎を敷設するか、コストを含めて充分に検討しておく必要があります。また、複数台の機械設置の場合は、互いの機械の振動が及ぼす影響についても考慮しておく必要があります。振動によっては製品の
    精度に影響が発生する場合があります。

    (3)作業環境の向上

    工場内で働く方が、快適に働ける環境。それは生産効率や生産精度に大きく影響を
    及ぼします。工場における「良い作業環境」とは
    ①静かで
    ②気温が安定していて
    ③美しくスッキリした内装
    が基本となります。そのためには、外部からの騒音や温度変化を遮断し、また内部で発生する
    騒音を吸収し、尚且つシンプルな工法を選択することが重要です。

    (4)近隣環境への配慮

    排煙・排水処理はもちろんのこと、騒音や建物の美観も重要なポイントです。
    遮音効果が高く見た目にも美しい外装材は、企業のイメージアップにも繋がります。

    (5)つい見落としがちな「ランニングコスト」

    工場建設における「コスト」と言えば、どうしても建設費にかかる「イニシャルコスト」と
    捉えがちですが、何十年も使用する工場にとってのポイントは「ランニングコスト」です。
    その中で、建築の仕様によって最も影響するランニングコストは空調費です。いかに空調効率を良くできるかということです。空調効率の良い建物は、空調機の容量や台数が削減でき、電気代も安く済みます。また空調機の削減はイニシャルコストの削減にも寄与します。
    そしてもう一つのランニングコストのポイントは、建物のメンテナンスに掛かる費用です。
    メンテナンスをせずに何十年も使用できる建物はありません。長持ちする工法で建てられた
    工場は、メンテナンスを行う頻度が減り、その結果、総コストを抑制することになります。


     
     ホームページメニュー
      ホーム

      会社概要

      鉄鋼販売事業

      機械販売事業

      建設・設備工事事業

      採用情報

      お問い合せ
     本社

    三重県四日市市中部8-21
    Tel (059)351-1125
    Fax (059)351-1050
     鉄鋼センター

    三重県四日市市小古曽東2-1-7
    Tel (059)345-0174
    Fax (059)346-4829
     津営業所

    三重県津市高茶屋小森町1707-366
    Tel (059)234-4415
    Fax (059)234-2683
    Loading